REAL FORCE(R2TLSA-JP3-BK)レビュー1日目

tokです。届きました!

今まで使っていた外付キーボードはサンワサプライ コンパクトキーボード ブラック SKB-KG3BKNで1,000円ちょい。今回はなんと30,000円弱・・・!

これからまだまだキーボード打ち続けますし、どんなものなのか試してみたくてポチりました。

REAL FORCEはいろいろなタイプがあるのですが、考慮を重ねた結果、以下の観点で選びました。

  • 仕事にもプライベートにも使いたいのでベーシックな日本語配列(HHKBはここでアウト)
  • かな入力しないのでかな刻印無し
  • テンキーは使わないのでテンキーレス
  • 打鍵の軽さを最大限感じてみたかったので30g
  • 色はカッコいいから黒(笑)

まず第一印象。

重っ!!

持ち運びには適していないと書いてましたし、家の外には持ち出さないと思っていましたが、これは確かに重い。その分タイピングするときにビクともしないです。多少激しく打ってもブレないです。いい。

そしてキーの刻印が見えない。

レビューで「アイボリー(白)にしておけばよかった・・・」という意見があるのも頷けます。通常文章を打っているときはホームポジションなのであまり困ることはないのですが、ファンクションキーやウィンドウズキー、PrintScreenキーなど、たまに使う外側のキーは目で見て押していることが実感できました(笑)。あとコピペで使うCtrl-C、Ctrl-Vなども。

また、ウィンドウズキーの隣にFnキーが無いからか微妙にキーの間隔が違っていて、Altキーを押そうとして無変換キーを押してしまったり。

このあたりは使っているうちに慣れていくと思いますし、慣れたい。

キーの刻印はほぼ見えないので、かな刻印があっても変わらないと思いました。

打鍵が軽い

フェザータッチという説明がありましたが、さすがに羽根ではないです(笑)。しかし軽いので、ホームポジションに指を置いていると、押してしまうことがあるくらい軽いです。まだ慣れていないこともあり、押そうと思っていないキーが反応してしまうことがあります。しかし、それ以上に押そうと思っていたキーが滑らかに打てます。キーの音が静音ということと、このキーの軽さが相まってヌルヌル打てます。最小限の力で思った通りに打てるとすごく心地よいです。

そして、タイピングが速くなったかというと・・・?

  • 寿司打 上級(普通)の結果
回数結果
1速度:6.9key/秒、ミス:49key
2速度:7.2key/秒、ミス:23key
3速度:6.8key/秒、ミス:36key
4速度:6.8key/秒、ミス:22key
5速度:6.8key/秒、ミス:8key
6速度:7.0key/秒、ミス:28key
7速度:6.8key/秒、ミス:24key
寿司打の記録

いままで6.5~6.7key/秒の記録が多かったので、少し速くなっているようです。滑らかに打てるぶん、頭より先に指が動いてしまってミスをしてしまったり、押すつもりの無いキーが押されてしまってミスしてしまう感じ。

  • tttttyping 腕試しステージ2の結果
回数結果
1スコア 41566 (正確性: 95%、 スピード: 438type/分)
2スコア 43823 (正確性: 99%、 スピード: 444type/分)
tttttypingの記録

こちらは前もスピード444出てたので同じくらいですね。

30gは慣れるまで時間がかかるというレビューもありましたし、実際今は暴れ馬に乗っているようでコントロールできていないので、これから馴染んでいくかどうか楽しみです。でも確かにこれに慣れてしまったら普通のキーボードを打つときに違和感感じそうです。そのあたりも今後お伝えできれば。

新しいキーボード、なんだか気分があがります。

では楽しいタイピングライフを!

初心者/子ども向けタイピング練習サイトtttttypingのプレイはこちらから!

コメント

タイトルとURLをコピーしました