【まとめ】キーボードをREAL FORCEにしたらタイピング速度はどう変化した?9日間使ってみた結果。

tokです。こんにちは。

REAL FORCE(R2TLSA-JP3-BK)を9日使い続けた結果です。

結論から申し上げますと、

1割程度速くなりました!!

下の図は毎日tttttypingの腕試しステージ2をやった記録をグラフにしたものです。具体的な値はtwitterに投稿しているのでそちらを見てくださいね。

軽い力で少し押すだけで反応してしまうことに対して、最初の数日間はミスも多く、「このキーボードに慣れることはできるんだろうか・・・?」と不安になりましたが、日が経つにつれて指に馴染んできました。

使い続けて感じるのは、

  • 薬指や小指の負担がかなり楽になり、速く打てる。
  • キーボードが安定していて少しもずれないので集中できる。
  • 静音タイプでとても静か。同じ部屋でタイピング練習していても家族から苦情が来ない。
  • 打つときにカチャカチャ音がせず、いくら打っても壊れなさそう。

あとおまけとして、

こんなに高い高品質なキーボード買ったら結果が出るはず(出さないとダメだろう)

という強い意志がもれなくついてきます(笑)。キーボードのせいと言い訳できなくなりますしね。

価格ははじめ抵抗あると思いますが、何年使うものか考えてみると少しは抵抗が薄れるかも。3年持てば1日あたり30円、10年持てば1日あたり8円です。私はそれ以上の価値が得られると思いますし、他の方のレビューを見ても良い評価が多いです。

コロナの影響で色々とオンライン、リモート化が進むため、今まで以上にIT技術が大事になり、キーボードの役割もますます重要になってくるでしょう。

これからまだまだキーボードを使う人に、このキーボードおすすめです!

キーボードの文字が見えないと困る人は黒色ではなくてアイボリー色がおすすめです。でも人気があるようで在庫ひっ迫しているようです。

テンキーが必要な方はこちらのモデル。

e-typing、寿司打、tttttypingの最新の記録、貼っておきます。慣れてきたのでまだまだ伸びるはず!

では楽しいタイピングライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました